koromologひとりシンプルライフ

ひとりでできること・楽しめることを見つけていくブログ

iPhone・iPad・MacBookのホーム画面と使い分け

頭の中のキャッシュが溜まってしまう感じがして、デバイスの中身を定期的に整理したくなります。現状、iPhoneiPadMacBookの3つを持っているので、それぞれのホーム画面を紹介していきたいと思います。

iPhoneのホーム画面

iPhoneは2画面になっています。こちらが1画面目。

まずドックにはiPhoneiPadMacBook共通で使うアプリを置くようにしています。気が向いたときにいつでも使えるようにしておきたいものです。

  • Safari:調べものをする
  • ミュージック:好きなときに好きな音楽を聴く
  • メモ:日記(感じたことなど)や思いついたことを書き留める
  • Notion:ToDo他全ての行動管理

iPhoneの位置付けとしては、「外出先で使うデバイス」。小さくて持ち運べるのがiPhoneの最大の長所なので。Googleマップに行きたいところを思いついたときに登録しておいて、休日はそれを見ながら出かけたりします。主にお財布機能とカメラ機能を使うためのもので、家ではほぼ使わないです。

それから連絡関係など通知をONにしておかなければならないアプリはiPhoneだけに入れています。ただホーム画面に置くとメンタルを消費してしまうので、Appライブラリから日に数度チェックするようにしました。他にもスタバなど特定の店や場所に行ったときにしか使わないアプリもAppライブラリから検索して使っています。

2画面目は、主にiPadで使用しているアプリを配置しています。外出先での電車移動や何かの待ち時間など、隙間時間ができるもののiPadは大きくて使いにくい場面があります。そんな時はこの画面にあるアプリでコンテンツを楽しんでいます。

iPadのホーム画面

iPadは1画面のみです。主に使うアプリのみ配置して、あとは必要な時にAppライブラリから検索して使います。

iPadの位置付けは「インプットに使うデバイス」。画面が大きく見やすいので、読書、動画視聴や調べものをじっくりするのに適しています。家でご飯を食べながらYouTubeを見たり、カフェに持って行ってゆっくりKindleを読んだり。欲を言うならInstagramなんとかiPad対応してほしい…

あとは最大の長所がApple Pencilが使えること。手書きメモやイラストがストレスなくできるのはiPadだけです。純正メモの手書き機能やProcreateを使うようになってからアナログのメモ帳を持ち歩くことは無くなりました。

MacBookのホーム画面

MacBookの位置付けは「アウトプットに使うデバイス」。やはりキーボードで入力できるメリットは大きいです。ブログを書くのももっぱらMacBookです。iPadBluetoothキーボードで似たような使い方をすることもできると思いますが、個人的にはどうしても安心感や機能など限界があるように感じます。NotionもiPhoneiPadアプリでは対応していない機能が多いので、MacBookで管理をしてiPhoneiPadで閲覧というような使い方をするようになりました。
Launchpadの上方にはiPhoneiPadと共通して使うアプリを置き、あとは資料作成、動画や画像編集、プログラミング関係、の順に並べています。実際のところはMacBookのスペックを全然活用できてはいないんですが…ないと困るのは確かです。

まとめ

以上、現時点でのホーム画面とiPhoneiPadMacBookの使い分けでした。できるだけホーム画面に置くアプリを厳選して、他は必要な時だけAppライブラリから検索して使う、という使い方はなかなか満足してます。意識を使うものをミニマルにするのが自分に合っているのかなと。こんなことばかり考えている日々です。